2017年7月13日木曜日

Illustrator で作った画像を Microsoft Office で使う

Excel や Word, Power Point などの Microsoft Office のベクターデータをAdobe Illustrator で作って持っていこうっていう話。

特にPower Point だといろいろ画像を使うけど、Power Point 自身だとなかなか図が作りずらいし、精密なものは作れない。

ここで使用するのは、Adobe Illustrator CC と Office 2016 の Power Point だ。

いろいろ調べてみると面白いことが分かった。
Adobe Illustrator で  コピー すると、クリップボードに入るのは svg のテキストっぽい。
svg は Scalable Vector Graphics  の略で、W3Cでかなり前に設定された規格だ。
昔は、プラグインがないと表示できなかったのだが、今ではたいていのブラウザで表示可能だ。
なので、Adobe Illustrator で  コピーした図形をテキストファイルとして保存し、拡張子を .svg にすれば、ブラウザでも表示できるのだ。

さて、では実践してみる。
これは、Adobe Illustratorでの画像。
これをCTRL+Cでコピー。
そして、Power Point を開いて、貼り付けだ。貼り付け時には以下の図形のアイコンを選ぶ。
このアイコンが出てこない場合は、Adobe Illustratorに戻って再度コピーする。
最近の Microsoft Office は起動時にクリップボードをなぜかクリアしてしまうのだ。
はい、ちゃんとペーストできました。
微妙に線の太さが変わってしまっているが、Adobe Illustrator 上でコピーするとき、画像が十分な大きさでないと、svg のデータの数値が丸められて画像が荒くなってしまう。
そんなときは、Adobe Illustrator 上でいったん画像を拡大してからコピーするとよい。

こうやっていったん貼り付けてしまうと、あとは編集可能になる。
グループ解除すれば、部品ごとの編集も可能だ。


2017年7月5日水曜日

いくらくじを引いても当たらない

スマホゲーム、オンラインゲームのガチャのよくあるクレームに、「いくらくじを引いても当たらない」というのがある。
運営が不正をしてわざと当たらないようにしているのではないかというクレームである。
沢山のお金をつぎ込んでも、いっこうに当たりにならないのだから、客は怒り心頭である。
しかし、実はまっとうな運営をしていても、こういった客は必ず出てくるのだ。

では、計算で、これを検証してみよう。

例えば、当たり確率50%のくじがあったとする。簡単に言うと、当たりとはずれが同数のくじだ。
このくじを2回引いたとき、当たる確率の期待値は100%となる。
つまり大概の場合、2回引けば当たるという訳だ。計算上はそういうことになる。

ここで一人のユーザーの視点ではなく、運営側の視点で見てみよう。
つまり、沢山の人がこのくじを引いたとき、どれだけの人が当たるのだろうかを考えてみるのだ。

2回とも当たる人、25% ( 0.5 × 0.5 )
1回目当たって、2回目はずれの人、25% ( 0.5 × 0.5 )
1回目外れて、2回目当たる人、25% ( 0.5 × 0.5 )
2回ともはずれの人、25% ( 0.5 × 0.5 )

となる。

つまり、1/4の人は2回とも当たるが、1/4の人はどちらも外れてしまう。
この程度なら、2回外れた人も、まあ運が悪かったと思うだけかもしれない。

では、くじを引く回数を増やしてみよう。
当たり確率50%のくじを10回引いたとき、当たる確率の期待値は500%にもなる。
これだけあれば、まずはずれることはないだろうと、ユーザーは思う。

しかし、それでも、一回も当たらない人が発生する可能性はあるのだ。
当然、くじを引く回数に従って、まったく当たらない確率は、徐々に小さくなる。
以下は、引く回数によって、どれだけの確率で当たらない人が発生するかの式だ。


  1.  0.5^1 = 0.5 
  2.  0.5^2 = 0.25 
  3.  0.5^3 = 0.125 
  4.  0.5^4 = 0.0625 
  5.  0.5^5 = 0.0313 
  6.  0.5^6 = 0.0156
  7.  0.5^7 = 0.0078
  8.  0.5^8 = 0.0039 
  9.  0.5^9 = 0.002 
  10.  0.5^10 = 0.001 = 0.1%


0.1%となるとずいぶん小さいように思えるが、母数が多ければ、少なからず全部はずれの人は現れる。
メジャーなオンラインゲームだと万単位で対象ユーザーがいるため、まったく当たらないユーザーが必ず生じてしまう。
(ちなみに、これは10回引いて全部当たる人の確率と同じだ。)
つまり、この例では、1000人に1人、10回引いても当たらない人がでてくるということだ。

運営側から見たらこの確率は「当たり前」のことであっても、その1/1000になってしまった人にとってはたまらない。
このくじは不正じゃないかと疑う。期待値が500%もあるのに当たらないのはおかしい、と。
そりゃ、クレームの一つも言いたくなる。
しかし、統計的にはそういう客が出てしまうのが現実である。
その人が、強クレーマーであったり、インフルエンサーであったりすると、大事になりかねない。

自分がそんな低い確率に当たるはずがないと信じきっている人に、正直に数字を示して説明しても分ってもらえるかどうか。
同じ確率で全部当たってしまった人は、ラッキーだったと喜ぶだけだが、全部はずれてしまった人は納得できない。
他のユーザー全員の当たりはずれの状況を示さない限り、運営を疑ってもしまってもしかたないだろう。

そこでこの問題への対策のアイディア。
逆に10回連続で外れた人には、特別な賞品を用意するというのはどうか。
それなりによい賞品を用意しても、わずか1000人に一人だ。
でも、くじを引く心理としては、8回目ぐらいから、はずれることを期待するようになって、ドキドキだ。
もし間違って9回目で当たっても、まあそれはそれで残念だけど、結局当たったわけだし苦情も出にくい。

2017年6月7日水曜日

足が臭いのを解消

たまに足が臭い奴がいる。
かつては自分の足が臭いと感じることがあったが、今はもうない。

世の中に起こる出来事には必ず原因がある。
ブッダも言っていた。
・・・手塚先生の漫画で見た。
だから、足の匂いにも必ず原因があるのだ。

臭い匂いのもとは腐敗臭だ。
つまり、何かが腐っているのだ。
腐るものといったら、死んだ皮膚以外ない。
じゃ、それを無くせばいいんじゃない。
それだけで、匂いはなくなるわけだ。

腐敗させる菌を死滅させればそれでも確かに匂いはなくなるだろう。
しかし、完全に菌を無くすのは無理と考えるべきだ。
なぜなら、そいつらはそこら中にいて、切りがない。
だから、腐る元の方を減らすのだ。

ということで、洗えばよい。
但し、しっかりと。

そこで私は毎日風呂に入るとき、足をたわしで洗っている。
こすって死んだ皮膚をそぎ落としているのだ。
たわしは、柄の付いた運動靴を洗うときに使うこれ。

百均で売ってる安い奴。

毎日習慣にしてしまえばよい。
固いたわしだとちょっと痛いが、すぐ慣れる。
実は、とっても気持ちが良い。

これが習慣づいてから、もう足が臭くなることはなくなった。
ということで、この習慣はお勧めだ。

全国の足クサ君たち、お試しあれ。

2017年6月4日日曜日

自転車を楽に乗る

何故、同じ人間の力なのに自転車に乗ると、普通に走るより速度がでるのか?
自転車の存在があまりにも当たり前なために、疑問に思う人は少ない。

まぁ答えは簡単で、前に進むという目的のためのエネルギー効率が良くなる、それだけだ。
けれど、そのエネルギー効率は自転車の種類によって随分異なる。
自転車競技に使われるロードバイクとママチャリでは全然違うのだ。
エネルギー効率が影響するのは、速度だけではない。
比べてみれば誰でも分かるが、同じ距離を進んだときの疲労にもずいぶん差がある。

何がその差を生んでいるのか?
その原因は、自転車の重量、乗るときの姿勢、車のサイズ、ギヤの比率などいろいろあるが、街の自転車乗りを見ていると随分損していると思うことがある。
それをこれから説明しよう。

最もエネルギー効率の高いであろうロードバイクは、足をペダルに固定する。
その固定は、ビンディングシューズかトークリップを使う。
ビンディングシューズは靴をペダルに金具で固定するもので、トークリップは靴をペダルに紐で縛るものだ。
なぜ足を固定するのかと言うと、踏み込みやすくするためもあるとは思うが、実は引っ張る力を利用するためだ。これが重要。

普通の自転車は、左右の脚で交互にペダルを踏みこむが、片方の脚で踏み込んでいるとき、その逆の脚は遊んでいる。
足がペダルに固定されていると、この逆の脚を引っ張ることでもエネルギーを伝えることができるのだ。
それでは筋肉を休ませることができないだろうと思うかもしれないが、使われる筋肉が異なるためあまり疲労にはならない。

実際に使ってみればその効率に驚くだろう。

しかし、ビンディングシューズかトークリップは、素人には敷居が高い。
慣れないと転んでしまう。しかも固定されたまま転ぶとかなりの確率でけがをする。

そこで、おすすめするのは、ハーフクリップだ。

ハーフクリップはつま先だけを固定するトークリップだ。(正確には、ハーフトークリップ)
これは紐で縛ることもなく、すぐ外れるので危険も少ない。
それでも、引っ張る力はある程度伝えられるから、使ってみれば随分違うのが解かるはず。
しかも、素人目には乗りにくい様に見えるので盗難防止にもなるのだ。

しかし、何故こんなにいいものが普及しないのか謎だ。
すぐに慣れてしまって卒業して、普通のトークリップにしてしまうのだろうか。

まぁ、とにかく街の自転車乗りには、ぜひハーフクリップを試してほしい。

2017年5月31日水曜日

日本語キーボード

実は今私のPCには2つのキーボードがつながっている。
PC付属のワイヤレス101キーボードとHappy Hacking keyboard (日本語)だ。
確かに漢字変換ソフトがあれば、101キーボードでもなんとか日本語の文章が書ける。
しかし、やっぱり「変換」「無変換」キーがあった方が打ちやすいのだ。

ところで、中国人たちは、独自のキーボードを捨てた。中国に行って彼らのパソコンを見ても、キーに部首の書いてある昔のキーボードはまったく見ない。彼らに聞いてみると、もう誰も使っていないのだそうだ。
なので中国でパソコンを買うと、普通に101キーボードがついてくる。
つまり、何となくオリエンタルな文字のついたあの変なキーボードはもうとっくに見ることはなくなったのだ。

同じように、日本語キーボード106や109には、すでにいらない仮名文字が書いてあってうざったいが、なければないで寂しいのかもね。

まぁ、かな打ちをする人がいなくならない限り、そう簡単にはなくならないだろうが。



2017年5月30日火曜日

すげーぜ! WebGL

Unity で WebGL を吐き出させてみた。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~monmoko/MiniCharCon.html

すげー、Intelのチップセットでもバリバリに動くぜ!


2013年3月20日水曜日

韓国のかっぱえびせん

先日韓国出張の時にコンビニで買ってみたスナック菓子「セウカン」。

ネズミの頭が入っていたとか悪いニュースがあったようだが、前々から一度は食べてみたいとは思っていたのだ。



まぁ、見てわかるとおり、かっぱえびせんのパクリ品。


製造工程をイラストで紹介しているぽいけど、ハングルはさっぱり読めないので何を言っているのかまったく不明。


で、中身はというと、こんな感じ。

味は、若干脂っぽいところもあるけど、まあ旨い。しかし、形と言い、大きさと言い、どう見てもかっぱえびせんだ。

かなり昔からあるようだが、かっぱえびせんの方が古いとのこと。
なので、完全にパクリ認定されている様子。

このお菓子、韓国では国民食とまで言われているらしいけど、ほとんどの人はパクリだって知らないらしい。

なんとも韓国らしい。